FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Children Album 

カテゴリ:Album

スポンサーサイト

チャリティーソングとして新曲配信 

カテゴリ:音楽

Mr.Children、新曲をチャリティーソングとして配信


Mr.Childrenが東日本大震災支援のチャリティーソングとして制作した新曲「かぞえうた」を4月4日より着うたフル(R)で緊急配信した。

被災地復興のためにバンドとして何ができるだろうかと検討を重ねる中、浮かんできた“かぞえうた”というフレーズから曲作りをはじめたというMr.Children。
震災による影響で中止となった全国ツアー仙台公演にあたる3月26日と27日にメンバーとプロデューサー小林武史が急遽レコーディングを行い、4月2日・3日の札幌公演アンコールで初披露した。

今後は着うたフル(R)配信に続き、4月5日正午12:00から【iTunes Store】でPC配信がスタート。
収益は全て<ap bank Fund for Japan>に寄付され、被災地復興支援の活動資金に充てられる。

配信リリースにあたり、オフィシャルサイトにコメントを寄せた桜井和寿は
「曲を作って人を感動させるという行為も、この災害を前に不純に思えてしかたなくて、どうしたらいいのか何日か悩んでいた」と心の葛藤を明かすとともに、楽曲については「何もかも失い、悲しみ苦しみに取り囲まれている状態でも、それでもやっぱり希望を探して数えていけたら...また人間にはそういう力があると信じたい。そんな希望の歌です。」と語っている。


【配信リリース情報】
・着うたフル(R):2011年4月4日 (月) 正午12:00 より配信 / 420 円
・iTunes Store:2011年4月5日 (火) am 0:00 より配信 / 200 円


 
OFFICIAL SIGHT

Message from 桜井 和寿

新曲「かぞえうた」4月4日より配信決定のお知らせ



 

という記事です。
私も早速購入しました。
この東日本を襲った大震災について、思うことは色々ありました。
このブログの記事に書こうかとも思いました。
しかし、上にリンクを貼っています桜井さんのメッセージにあるように、
どうしていいものかよく分かりませんでした。
テレビで見る被災地の様子はまるで映画でも見てるかのようで、
現実に起こっていることとは思えないほどでした。
これを見ているとどう言葉に表していいものか分からず
いや、言葉がまったく出ませんでした。
まさに、桜井さんのメッセージにあるような心境でした。
とりあえず東北に住む知人たちに連絡を取り、幸いにもみんな無事が確認できましたが、軽々しく「無事でよかったね」なんても言えません。

東日本を襲った地震ではありますが、この地震の影響は遠く離れた九州にもありました。津波警報も出て在来線が止まったりしましたし、九州新幹線をはじめとするイベント等も中止となり、仕事もなくなってきたりと影響が出ている企業もあります。
商品によっては入荷ができないものもあり、九州でも物不足は多少あります。
直接的な災害はなかったものの、与えた影響は大きく、東日本だけでなく、
日本全国を揺るがした大震災だといえます。

今、多くの方が被災された方々へ支援をしたり、
ボランティアをしたりと頑張っておられます。
私も何かできたらと思ってはいるものの、被災地からも遠く何もできません。
本当に何かをしようと思えばきっと何かしらできるでしょうから、
そこに言い訳はしません。
安月給なので、派手なことはできませんが、僅かではありますが募金もしました。
そしてこの曲を買い、少しでも力になれたら…とそれだけです。

私個人的にも今は思い悩むこともあり、何が真実か分からず、自分のことすら
よく分からなくなってきたりして苦しんでいますが、この曲の詞は心に響きます。
この大震災で被災された方だけではなく、
色んな人々を救う1曲になるのではないかと思います。
何かを押し付けるような、無理に感動させようとするような曲ではなく、
詞も曲もシンプルで分かりやすく、
だからこそ自然と心に染み込んでくるような歌になったのではないでしょうか。
本当は歌詞もすべてここで紹介したいところですが、残念ながらそれはできません。
しかし、上のリンクに書いてありますので、どなたでもすぐ見ることはできます。

生きていると人間って残酷で冷酷で哀れな弱い生き物だと感じることもありますが、
温かく優しい素晴らしい強い生き物だと感じることもあります。
独りきりの孤独や寂しさを感じることもありますが、
人の情を感じ支えられていると感じる時もあります。
悩み苦しみ悲しく、時には涙することもあるだろうけど、いつか自然と笑える日がくる
楽しく充実した日々もいつか必ず帰ってくると信じて
希望を持って生きていきたいですね。

ここではMr.Childrenの話題に触れましたが、もちろんMr.Childrenだけが音楽で
チャリティーをしているわけではありません。
本当はすべてを紹介したいところですが、それは難しいので興味がある方は
こちらのサイトに書かれてありますのでご覧いただけたらと思います。

そしてこの曲以外にもMr.Childrenには素晴らしい曲が多数あります。
他の曲もぜひ多くの方々に聞いていただきたいと思います。

最後に在り来たりではありますが、
この度の震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日でも早く元の日常生活が戻ることと、
被災地の一日でも早い復興を心よりお祈り申し上げます。

16th Album 『SENSE』 

カテゴリ:Album



SENSE 
タイトル:SENSE
品番:TFCC-86341
分類:16th アルバム
発売日:2010.12.01
価格(税込):\3,059



■曲名(全12曲)
01. I

    自分が一番可愛い?ほら当たってるでしょう!?
                    でもそれを責めたり誰ができるの?

    さぁ どうでしょう!? 誰も見ない「Giabbiy's one-man show」。


02. 擬態

     目じゃないとこ 耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
               見落としてしまう 何かに擬態したものばかり

   発売前に話題となった「トビウオニギタイ」という言葉はこの曲の歌詞の一部。


03. HOWL

     繰り返し叩き続ける扉 開くまでどのくらい?
                       あとどのくらい? OH~~~

    もうこの曲は「OH~~~」だけでも十分価値があるくらい力があります!


04. I'm talking about Lovin'

     何が起こるのか知らせないのが天使のエチケット
            君にしたって本能に翻弄されるのも悪くないんじゃない!?

    堕天使に会いたいもんだなぁ…。


05. 365日

     「ひとりきりの方が気楽でいいや」
        そんな臆病な言い逃れはもう終わりにしなくちゃ

    NTT東日本・NTT西日本のCMで流れていたものの、
    ライブでは演奏されたが、CD化されていなかった曲。待望の初CD化!


06. ロックンロールは生きている

     削り取られて 切り捨てられて 安売りされたあげく価値落として
          首を傾げて 異議を唱えてもこれが現実と押さえ込まれた

    ここまできたらもう少し先まで書きたかったところですが…、
    この続きの歌詞が知りたい方は、どうぞCDをお買い求めください。


07. ロザリータ

      「もう全てのデータを捨てたはずなのに
           どこかで君からの言葉を期待して過ごしている

    2010年4月に行われたファンクラブ限定ライブで一度だけ
    歌われた限りでこちらも待望のCD化。


08.

      「ただただ自分の身の丈を知らされ
                  
それでも心は手を伸ばし続ける

   絶望を歌った曲であるが、最後の1フレーズですべて前向きにさせてくれる曲。


09. fanfare

      「いつの間にか大人になって うっかりして真面になって
                        失った宝物探しに行こう!

   映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』主題歌。 
   配信で出されていたものの、まったくCD化されてなかったので待望のCD化!


10. ハル

       誰のために生きているのかなんて考える気もしなくなる
                 思い惑う胸をくすぐるように風が流れていく

    この曲の歌詞も心に響くから好きですね。


11. Prelude

        「Hey you 日が暮れる 今日はどんな一日だった?
         全部が思い通りにいくはずないって 知ってて聞いてんだ

    今までMr.Childrenの曲を聴いてきた人にはこの曲に出てくる歌詞を聞いて
    思うことがあるでしょうね。何を思うか分からない人は、
    今までのMr.ChildrenのCDを全部買って全曲聴いてみると分かります。


12. Forever

        そういえば そういえば
           「君の好きな僕」を演じるのは もう演技じゃないから

     最後の部分も好きなんですけど、あえてこっちを選択しました。
     映画『Mr.Children / Split The Difference』のエンディング曲です。



*Mr.Children待望のNew Album『SENSE』の購入はこちらからどうぞ!

*他のMr.Childrenの作品を見たい方はこちらをどうぞ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。