FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOLAR ECLIPSE 

カテゴリ:日常の戯言

今日は日食の日ということで、何日か前からニュースでも話題になってました。

日本で見られるのは46年振りだそうで、私も気になっておりました。

 

今、仕事で1日3~4回くらい外の仕事をしているのですが、ちょうどその日食の時間は

外にいる時間だったので、見ることができました。

 

私のところは90%くらいだったのですが、少し暗くなってまだ午前中なのに

夕暮れのような感覚になりました。

もう少し暗くなるかと期待してたので、思ったほど暗くならなかったけど

太陽が三日月みたいに欠けていて非常に貴重なものを見たと感じました。

 

他に全然知らない周りの人たちもみんな空を見上げていました。

やはり46年振りということで、私はもちろん、ほとんどの人が初めて見るものなので

関心度は高かったようです。

 

 

ちょうど空に異変を感じ始めた頃、私はコンビニに着きました。

その時にコンビニを経営している夫婦が黒いごみ袋で太陽を見ていました。

その様子がはっきり言って変だったので、不思議そうに見ていたら、

おばちゃんが「見えるよ!月が見えるよ!」と私に言ってきて私も見せてもらったら、

肉眼では見えない月が見えてちょっと驚きでした。

 

そのコンビニには毎日行くのでその夫婦とは顔馴染みではあるのですが

特に話したことはなかったんですけどね…。

 

で、コンビニの中に入ると次は26年後とか話してて、

おっちゃんが「俺は79か…」って、ぼそっと言うと、

すかさずおばちゃんが

「あんたまだ生きとく気ね!?」

 

と、この私も顔負けの即死級を吐いていました。

おっちゃんはただ黙ってましたが、バイトの人たちもみんな笑ってました。

私も”痛恨の一撃”だなと思いましたが、
何かその猛毒の一言の裏に愛を感じられたので笑えました。

これは愛がなければ笑えないジョークですけどね…。

 

その二人の姿を見てると26年後も二人とも元気で
このコンビニを続けていてほしいと、そう思いました。

 

 

しかし、今日は肉眼で太陽を何度も見たせいか若干目が痛いです。

肉眼で見たらいけないというのは分かってはいたのですが、日食グラスとかいうものは

持ってないし、それでも珍しいものだから見たいと思ったので

少しでも見たら目を傷めると分かっていても肉眼で見てしまいました。

その他にも肉眼で見てる人をたくさん見かけたので、今日は少し目が痛い人が多いのでは

ないかと思います。

やはり太陽を肉眼で見ることはおすすめできません。
どんなに短時間でも。


今日見れなかった人で26年後は見たいと思ってる人は必ず日食グラスで見てください。

 

私は26年後はすでに死んでるでしょうから

もう関係ないですけどね!!

 

関連記事

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。